スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
リフォーム部門の担当になったとき
2007 / 04 / 13 ( Fri )
こんにちは。
今日は、実家の材木屋に入ったときのことを
少し書きたいと思います。

前回より、1人で勝手に悩んだ末、実家の材木屋に入ったわけですが、
そこにはまだ、悩める日々が待っていました。

正直に言いますと、僕はこの会社に入って
リフォーム部門の担当をすることになった時、
その担当にはなりたくない、と返事をしていました。
なぜなら、僕は材木屋の息子として、父たちがずっと手がけてきた、
材木屋本来の仕事に携わりたい、と思っていたからです。
それを当時のリフォーム担当者に告げると、
「じゃあ何がしたくてこの会社にはいったの!」ときつい一言。

何を?答えに困りました。僕は自分が入ることで、
父たちの助けになれれば・・・いやきっとなれるはずという程度の思いで、
当然のようにこの会社に戻ってきていたのです。

僕は自分自身の意識の低さを強烈に感じさせられました。
そして、リフォーム部門を盛りたてていくことが、自分の経験を活かし、
会社に貢献できる第一歩なのかもしれないと考えさせられました。

こうして決意を新たにした僕は、リフォーム部門の担当として
材木屋(?)人生を歩み始めるのでした。






スポンサーサイト
18 : 08 : 40 | 回顧録1~材木屋に入る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リフォーム部門に入って | ホーム | はじめまして。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumekiko.blog100.fc2.com/tb.php/2-bd5ad160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。