スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
実験の結果は・・・?
2007 / 05 / 30 ( Wed )
抗酸化容器の実験を始めて、10日が過ぎました。

その後の結果は・・・?


①容器の中の玉子・パンの状態

  両方ともカラカラ・カチカチに乾燥。
  嫌な臭いもまったくなし。

②外に置いた玉子・パンの状態

  両方ともカラカラ・カチカチに乾燥。
  嫌な臭いもまったくなし。

・・・あれ?どちらも同じような状態になってしまいました。
これはひょっとして抗酸化容器の外にも、その影響が広がってしまったのでしょうか?
(かなり前向き的思考)
片方がカビ&悪臭でひどい状態になってくれないと効果が分かりません。
実験失敗!?

もっと腐りやすいものでやり直します。(肉?)


玉子・パン写真(その後)

スポンサーサイト
17 : 19 : 24 | 未分類 | トラックバック(2) | コメント(1) | page top↑
名前
2007 / 05 / 21 ( Mon )
新リフォーム部門の名前が決定しました。


世代をつなぐ木の家
 増改築 ぬく森            


です。
単純な名前ですが、ここに至るまで、ボツになった案がいくつあったことか・・・涙
子供の名前をつける以上に苦労しました。

  ちなみに子供の名前は、まだお腹にいる時から、うちの奥様が、
  勝手に○○ちゃんと呼んでいました。

  ちょっとクヤシイけど、なかなかいい響きだったので、そのまま採用!

  漢字だけ、僕のほうで付けさせてもらいました。
  (少しは参加できてよかった・・・。)

本題に戻りますが、この名前には、
「木と家族のぬくもりに包まれた、幸せな住まいを提案していきたい」
という思いが込められています。

まだ、お腹の中にいるような状態ですが、
名前に負けないような、立派なリフォーム部門に育てていきたいと考えています。










20 : 18 : 53 | 開店思案中6~名前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実験追加
2007 / 05 / 19 ( Sat )
昨日の実験に食パンを追加します。

玉子は意外と日持ちするよ、とのご指摘があり、
食パンだといい具合にカビが生えるので、分かりやすくて良いのではとの事。

確かにそうかも。

早速食パンを半分に切り、片方を容器の中へ、残りを外のお皿へ。
これで、より効果の程がハッキリわかるはず!

ある意味、期待をこめて・・・
成功(?)を祈ってます。

玉子・パン写真






18 : 39 : 37 | 開店思案中5~実験開始 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実験開始
2007 / 05 / 18 ( Fri )
ある実験を始めました。

生玉子をある容器に入れます。
実験が成功すれば、その玉子は腐敗せずに、そのまま発酵or干からびていくはず・・。

これは容器に配合された、抗酸化溶液の効果だそうです。

  ※抗酸化作用とは?・・・鉄が錆、物が腐ることが酸化(劣化)です。
    酸化(劣化)しにくくすることを「抗酸化」といいます。人や動は
    活性酸素が原因で成人病になったり、正常細胞がガン化したり
    老化して死に至りますが、それを抑制できるのが抗酸化物質です。
                            (説明パンフレットより)

他にも、この容器に入れた果物は、発酵してワインになり、牛乳はチーズになるとか。
さらにこれを住宅に応用すると、抗酸化溶液を壁などに塗るだけで
シックハウス症候群の原因物質を分解除去してくれたり、
ダニやゴキブリなどの害虫が寄り付きにくくなったり、
アトピーや花粉症、さらにはガンにも効果があったりと、いいことずくめです。

にわかには信じ難いのですが、たまたま、この容器をお借りできたので、
これはぜひ試してみなければ、ということになったのです。

もしこの実験がうまくいけば、店舗にも抗酸化体験ルームをつくっちゃうかも?
結果はまた後日に報告します。


20070518195700.jpg






20 : 48 : 13 | 開店思案中5~実験開始 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
改装プラン 内部編
2007 / 05 / 17 ( Thu )
店舗の中をどうするか考えています。

広いお店ではないので、たいしたものはできませんが、
大きく分けると、
■ 受付コーナー
■ 生活提案コーナー
■ 無垢材サンプルコーナー
■ 図書・カタログコーナー
■ 打合せコーナー
などのコーナーを作りたいなと考えています。

「受付コーナー」には、耳付きの天然木カウンターを使い、袖壁に大谷石を貼ります。
なるべく県産材を使い、地産地消を実践していけたらと考えています。

正面受付コーナー


「生活提案コーナー」は、桧の床板と腰壁を使った四畳半くらいのスペースを作ります。
天井は梁の構造あらわしとし、床暖房も体験できます。
無垢材の肌触りを楽しみながら、美味しいお茶でもいかがでしょうか。

生活提案コーナー


「無垢材サンプルコーナー」には、壁一面に50㎝角の羽目板や床材を展示します。
樹種による色や雰囲気の違いが、一目で分かります。
また隣に塗り壁体験(練習)コーナーを作り、お客様にも作る楽しさを味わって頂きます。

無垢材サンプルコーナー


「図書・カタログコーナー」は、各メーカーのキッチンや浴室のカタログが
いっぺんに揃うのはもちろん、自然素材や木に関する本、リフォーム雑誌など
あらゆる情報を提供します。

図書・カタログコーナー


今日、書いたことは、僕が勝手に想像を膨らませているだけですので、
実現するかどうかは、まだ分かりません・・・。
他にも、やりたいことがたくさんあるのですが、予算の問題もあるし・・・。
こういうことは、悩んでるくらいの時が、一番楽しいんでしょうね。

リフォームをするお客様の気持ちがよく分かる今日この頃です。








19 : 13 : 10 | 開店思案中4~改装内部編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
改装プラン
2007 / 05 / 14 ( Mon )
店舗の改装プランがまとまってきました。
母体の材木屋事務所が入っていた場所を改装し、リフォーム部門の新店舗とします。

今までのリフォーム部門は、材木屋事務所の2階にありました。
母体部門が移転した後も、空室の2階に取り残されるというかなりの悪条件で、
お客様が立ち寄りずらい最大の原因にもなっていました。

今更、こんな事を書くのも恥ずかしいかぎりですが、
まずは道を通る人に、お店があることを、きちんと認識してもらうことが最低条件だと思います。
予算の制約もありますので、あまり贅沢は言えませんが、木と石で素材感を出し、
落ち着いたたたずまいの中にも、存在感のある外観にしたいと考えています。

長年の念願の実現に向け、まずは半歩の半歩くらい前進?

改装プラン





23 : 59 : 00 | 開店思案中3~改装プラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目標
2007 / 05 / 08 ( Tue )
「木の温もりで世代をつなぎ、家族の集う幸福空間を実現する。」

これが、僕のこれからの目標です。

どれだけ世の中に物が溢れ、便利になったとしても、
「家族」が人生最大の宝物だと思います。

子供だった自分も両親のおかげで無事に成人し、
何とか家族を持つことができました。
気の早い話ですが、我が子にも、いつの日か結婚し、
幸せな家庭を築いてくれることを願っています。

誰しも順番に年を取り、世代は繰り返します。
ただ、いつの年代においても、幸せの根源は
家族にあるのだと思います。

世代が集い、家族が集い、みんなの笑顔が溢れる場。
そんな空間を提供できたら、自分も幸せだと思います。

まだまだやることが多そうですね。






21 : 42 : 39 | 開店思案中2~目標 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まず
2007 / 05 / 07 ( Mon )
なぜフランチャイズではないのか?

それは、うちの会社がリフォーム屋である前に「材木屋」であるからです。

フランチャイズには、たくさんのメリットがあります。
そのブランドが持つ知名度と安心感は、最も代えがたいものの一つだと思います。
しかし残念ながら、そのブランドは、どこまで行っても借り物でしかありません。
似て非なる二つは、同じ方向を向いて初めて力を発揮できるのです。

自分が幼少のころから思い描いてきた、材木屋としての人生。
材木屋が手がける、材木屋らしいリフォームの提案。

その思いは、フランチャイズのそれとは、大きく方向を変えていました。

自前のフンドシで相撲をとる。

これからも「木」に携わっていく。

それが最も自分らしく、最も自分の力を発揮できる方法なのだと思います。






20 : 56 : 57 | 開店思案中1~まず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
決心
2007 / 05 / 02 ( Wed )
O氏との出会いから一年。
その間、特別な接点があったわけではありませんが、
その動向は何となく興味を持っていました。

たまにブログをのぞいてみると、いろいろと面白いことを考えているのが分かり、
その前向きなエネルギーが、ビシバシ伝わってきます。

自分も、頭の中で漠然と考えていた、こんなことをやりたい、あんなことやりたい
という思いが刺激されます。

そんなある日、久しぶりにO氏とお会いする機会がありました。
O氏の話には、あの時と変わらず、もっと聞いてみたいと思わせる発想や知識が溢れています。
そんな話を聞いていると、自分の漠然とした思いも、いつの間にか
ハッキリと姿を現してくるような感覚に陥ります。

僕は決心していました。

O氏のアドバイスをしっかり受け止め、そして力にし、自分の信じる道を突き進もう。
材木屋であることに誇りを持ち、そこに共感してもらえるリフォームを提案していこう。

O氏のエネルギーをお借りすることで、
今まで、不安の中で踏み出せずにいた一歩を、やっと踏み出すことができました。
ついに勝負の時がやってきます。





20 : 06 : 13 | 回顧録8~決心 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。